キューベン・ファイバーのトリコロールポーチ to-ri-ko 赤耳

DCF(ダイニーマ®・コンポジット・ファブリック)。通称キューベン・ファイバーと呼ばれるこの素材は、ダイニーマ®繊維をUV樹脂でラミネートした極薄のフィルム状の生地です。
その薄さ、透け感、光沢はまさにフィルムのよう。
紙風船の素材感をイメージしていただくのがわかりやすいかと思います。

ダイニーマ®はこのようなルックスと、軽量であるにもかかわらず、非常に強靭なポリエチレン繊維です。同じ重量で見た場合、鉄の15倍、アラミド繊維の40%以上の強さをもつという驚くべき素材!
ダイニーマ®は水に浮き、水分や、紫外線、化学薬品に対して優れた耐久性があります。なんと、防弾ベストにも使用されている強靭で超軽量の繊維なのです。

アウトドア用品の素材として既に人気の素材ですが、SO FAR SO GOODでは、アウトドアではもちろん、普段使いのポーチとして、バッグの中でもパッと目につきやすく、ポップで明るい気持ちになれるトリコロールカラーでキュートに仕上げました。


「キューベン・ファイバーは防水素材なのに、YKKのアクアガードファスナーを使わないの⁈ 」

とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

アクアガードファスナーは、基布は防水ですが、ファスナーの開口部やファスナーが歪曲すると必ず隙間ができるので完全防水ではないこと、摩擦によって汚れやすいこと、またスライダーの稼働が重いことなどデメリットもあり、敢えて使用していません。
一方、同じYKKのクリアファスナーは、基布が細かいナイロンメッシュのような素材でできていますが、水をかけても分子が大きいため、簡単には内側に浸透しません。
また、水分はメッシュの網目に広がりますが、素材自体がその水分を吸収しないため、蒸発しやすい構造になっています。
ということは、アクアガードよりむしろ水に強いと言えるのではないか?という考察でこのクリアファスナーを採用しました。

リングは重いのでは?という疑問にも、No!

20cm以下の長さを使用するぶんには、アクアガードにいちばん小さな金属引き手をつけるのと変わらず、20cm以上の長さになると、それよりさらに軽くなり、赤耳タイプは、総重量わずか7g!

リングタイプの引き手はルックスもポップな可愛さがあるうえ、開閉しやすさも抜群です。

化粧品やお薬、バスグッズ、おやつなど食品類はもちろん、旅のチケットや診察券、カード類や書類を折りたたんでコンパクトに持ち運ぶのにも入れるのにもぴったり。

赤耳タイプは、一泊二日や二泊三日ほどの旅に必要な化粧品類を入れるのに便利なサイズです。

赤耳(小)
サイズ:横幅15.5×高さ10.75×マチ3cm

【使用上のご注意】
トリコロールテープ縫い付け部、左右の縫製箇所にはキューベンテープでシーム処理を施していますが、ファスナー、トリコロールテープは防水素材ではありませんので、ご注意ください。

また、キューベン・ファイバーは強靭な素材ですが、刃物をはじめ先端の尖ったものを入れて持ち歩いたり乱雑に扱うと破損する可能性がありますので、ご注意ください。
また、キューベン・ファイバー以外の付属素材にはキューベンファイバーのような特性はありませんので、ご使用中に濡れた場合には、使用後水気や汚れを拭き取り、風通しの良い場所でよく乾かしてください。

尚、キューベンファイバーは素材の特性上、色ムラや縫製時に皺が発生しますが、使い込むにつれて、生地に細かな皺が少しずつ増えることで全体的に白っぽく見えるようになっていきます。透明感は完全に失われることはなく、また機能性にも問題はありません。
  • 2,700円(内税)